コレステロールにはアルコールがいいの?コレステロールの秘密って?

bi-ru

適度のアルコール摂取は、血液中の悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす働きがあると言われています。

アルコールというと健康には良くないイメージをお持ちの方が多いと思いますが、適量のアルコールを飲むことで、血行が改善されたり、ストレスを解消してくれたり、様々な健康効果もあると言われています。

悪玉コレステロールが多い肉や、卵、お菓子ばかり食べているとコレステロールが増え、動脈硬化の原因になります。
動脈硬化だけでなく、心筋梗塞や脳梗塞などの大病になる可能性もあります。

適度のお酒を飲んで、善玉コレステロールが増加すれば、悪玉コレステロールは取り除かれ、動脈硬化予防に期待できます。

1日に摂取したいアルコールの量ってどのくらい?

osakenomu

コレステロール改善にはどのくらいのアルコールを摂取するのがいいの?って疑問の方もいますよね。

アメリカの研究では、1日で日本酒に1~2合の飲酒をする人が、最も心臓疾患のリスクが少ないという結果が発表されました。

ですので、適量のアルコールを飲むことは、長生きと健康にも繋がるのです。
善玉コレステロールを増やすには、お酒で1合、ビールで大瓶1本、ウイスキーで1杯が適量と言われています。

その一方で、適量を超えた途端に心臓疾患や死亡率はぐんと高くなります。
さまざまな病気の原因にも繋がりますのでご注意くださいね。

お酒の飲みすぎで真っ先に思い浮かぶのが、肝臓疾患ですよね。
なぜお酒を飲みすぎると肝臓に負担がかかってしまうの?と疑問の方も多いと思いますが、これは肝臓がアルコール処理を全て引き受けてくれているからなのです。

はじめは脂肪肝で、お酒を飲みすぎれば誰にでも起こりえます。
お酒を飲み続けているとアルコール性肝炎になり、最悪、死亡することもあり得ます。
さらに飲み続けると肝硬変という最終段階に入ります。
肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、よほどのことがない限り音を上げない臓器と言われています。
ここまで来ると治すことが困難になりますので、そうならないような飲み方、またアルコール性肝臓病の早期発見が大切になってきます。

karaage

また、アルコールだけでなく、お酒のおつまみとして食べるものは、から揚げや卵焼きなど、揚げ物や肉類が多く動物性脂肪が多い傾向にあるのも、さらに肝臓へのダメージを高めると言われています。
ですので、お酒を飲む際の、酒の肴にも注意をしてくださいね。

正しいアルコールの飲み方で、アルコールを上手く活用して、コレステロール改善に役立ててみてくださいね。

自宅で簡単に口座開設