サーモン・鮭でコレステロール値改善?血圧が高い人は必見!

sake

鮭は和食の定番であり、魚の中でも特に食べやすい魚ですよね

「健康診断でコレステロール値が高かった・・・」

コレステロール値で悩んでいる人は多いですよね
鮭はコレステロール値を改善するのに特に良い食材なのです

一体なぜ鮭コレステロール改善に効果があるのかご紹介しますね。

鮭は抗酸化力・DHA・EPAが豊富な食材

asutakisannchin

まず、注目してほしいのが鮭の身の色です。

青魚と違って綺麗なサーモンピンク色をしていますよね。
この色のもとになっているのが、アスタキサンチンという赤色の色素です

アスタキサンチンという成分は、トマトのリコピンや人参のβ‐カロテンなどのカロテノイドは活性酸素を消去する「抗酸化作用」をもつ成分で、鮭やサーモン以外にも、エビやカニにも含まれる成分です

このアスタキサンチンの抗酸化力はとても高く、βカロテンの100倍、ビタミンEの1000倍もの効果が期待できます

鮭は抗酸化力以外にも、アミノ酸のバランスを示す「アミノ参スコア」も良く、鮭に含まれていますアミノ酸のバランスはとても良いんです。

不飽和脂肪酸の一種であるEPA(エイコサペンタエン酸)・DHA(ドコサヘキサエン酸)も豊富に含まれていますので、中性脂肪やコレステロール値改善に期待できます。

鮭の摂り過ぎは逆効果?

yakishake

鮭にはたくさんの健康効果が期待できる食材なのですが、鮭を摂取する上で心配なのが、塩分です。

鮭でコレステロール改善したい!
血圧高いから鮭を毎日食べなきゃ・・・

健康食材だからといって毎日摂取していては、逆に健康に害を与えてしまう可能性があります。

ですので、毎日鮭を摂取するのは控えた方が良いですね。
多くても週に3回までとか、自分の中で摂取量を決めておくのが良いでしょう。

鮭の定番の調理法と言えば「焼き鮭」ですが、焼き鮭は塩分たっぷりですよね
鮭の調理法で最もオススメなのが、ムニエルです。

ムニエルは生鮭から作るので、焼き鮭に比べて、塩分を大幅に抑えることができます
鮭をたくさん摂りたいと考えているのなら、塩分のことを考えて調理法をムニエルにするなど調理法を工夫するのも良いですね

自宅で簡単に口座開設