冷凍した魚からでもDHAやEPAは摂取できるの?

suigin

冷凍の魚からでもDHAを摂取できるの?と疑問の方は多いですよね。
「魚は特売の日にまとめて買っておいていつも冷凍保存している」という方も非常に多いと思います。

冷凍することで、魚に含まれるDHAが減ってしまうのか?というのも気になりますよね

冷凍した魚からでもDHAやEPAを摂取することができるのか調べましたので、是非参考にしてみてくださいね。

魚を冷凍するとDHAは減ってしまう?

maguro2

DHAは酸素や熱で変化しやすいことから、新鮮な魚類から摂るのが一番よいとされています。
一番良い調理方法は、何も手を加えず「お刺身」で食べるということです
お刺身はDHAを外に逃がすことなく、その魚に含まれているDHAを全て摂取することができるので、健康のためDHAを摂取するために魚を食べている!という人には一番おすすめの食べ方です

しかし、毎食「お刺身」というのも味も飽きちゃいますし、焼き魚や煮魚など、いろんな味を楽しみたいですよね。
魚に含まれるDHAを摂取するというのは非常に難しいです

普段、「魚は冷凍保存している」という方は多いですよね。
やはり、魚を冷凍することで、DHAは減少してしまうようです。
冷凍の魚を焼いたり、煮たり、調理することで、さらにDHAは減ってしまいます。

DHAを多く含むといわれる魚を摂っても、思ったほどのDHAの量が確保できないという現状があります。

ですので、そういう方は、DHAの摂取方法を変えてみるもの良いかもしれませんね。
最近では、DHAが豊富に含まれているDHAサプリなんかも多く販売されていますし、DHAドリンクやDHA入りのお菓子まであります。

DHAサプリだと毎日決まった量を摂取するだけなので、忙しい人や、毎日魚を摂取するのが難しい人にはおすすめですよ。

自宅で簡単に口座開設