DHAサプリ成分

トランス脂肪酸を多く含む食品と危険性

人工的なトランス脂肪酸に関しましては、マーガリンであったりショートニング、業者用揚げ油といった系のものにいっぱいブレンドされています。ショートニングというのは、食感をよくすることを考慮して、工場を通じて作成されているビスケットやパン、ケーキ、スナック菓子類に選ばれている確率が高いです。

アメリカやヨーロッパではありますが、トランス脂肪酸を適用する食品を取り締まりしたり、情報開示を義務付けたりするようにする傾向にありますが、日本においては国の規定は指示されていないのです。その影響を受けて、加工食品や工場生産の菓子類といった系のものには、トランス脂肪酸を多量に摂り入れるショートニングや油が確実に含まれています。

トランス脂肪酸が添加された食料品の摂り過ぎは、健康にマイナスに作用しますのでお気を付けください。

トランス脂肪酸の過剰摂取ってどうなるの?

トランス脂肪酸が問題視されている理由は、健康的な体に関しての色々な良くない影響が存在するという様なことが理由です。トランス脂肪酸に影響を受ける健康に関係する悪い所を2つお伝えします

コレステロール上昇作用

血液の中の悪玉コレステロールを増加させて、善玉コレステロールを減少する活動が根拠になって、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞の可能性が上がります。

生活習慣病を引き起こす

メタボリックシンドロームや糖尿病の危険性が上昇して、高血圧症や心臓疾患と言われるものを発症させる要因にもおよぶと言っていいでしょう。

これらの以外、アトピーといったアレルギー症状、認知症、発癌といった危険性が高くなると言われている課題も公表されています。

トランス脂肪酸とは?

脂肪酸の中には、メインとして肉や酪農製品に位置する飽和脂肪酸と、主に植物や魚に位置する不飽和脂肪酸の2種類が存在します。飽和脂肪酸に関しては摂取し過ぎに気を付けたい油で、不飽和脂肪酸というものはバランスに配慮して取り込みたい油という部分があります。

ところが、不飽和脂肪酸のことを考えれば酸化される可能性が高い特性があるが為に、扱い易いように水素を継ぎ足してトランス型にさせた手段が、人工のトランス脂肪酸だということです。

トランス脂肪酸は、不飽和脂肪酸のひとつですが、飽和脂肪酸という感じの気質が存在するのですよ。トランス脂肪酸はミルクや肉などについても少しの量混入されていますが、ポイントとされているところは、この人工のトランス脂肪酸ではないでしょうか。

続きを読む

自宅で簡単に口座開設